弁護士紹介

Attorney/Advogado

三澤 正大
Masahiro Misawa


経歴

私立麻布高校 卒業
東京大学経済学部 卒業
東京大学法科大学院 修了
最高裁判所司法研修所修了、弁護士登録
2019年1月  カミーノ法律事務所 開設

※ インハウス(大手オンライン証券)、文部科学省原子力損害賠償紛争解決センター での経験も積んでおります。

所属

第二東京弁護士会
第二東京弁護士会 仲裁センター運営委員会 委員
第二東京弁護士会 情報公開・個人情報保護委員会 委員
第二東京弁護士会 経済法研究会 会員
一般社団法人日本ポルトガル協会 監事(Kansayaku)

著書・論文

  • 『令和2年改正 個人情報保護法の実務対応-Q&Aと事例-』新日本法規・2021年・分担執筆

  • 『完全対応 新個人情報保護法―Q&Aと書式例―』新日本法規・2017年・分担執筆
  • 『Q&A改正個人情報保護法―パーソナルデータ保護法制の最前線―』新日本法規・2015年・分担執筆
  • 「平成25年改正でこう変わる!独禁法実務の新ポイント第3回「被害者」にとっての改正独禁法」ビジネス法務2014年10月号・2014年・共著


自己紹介

企業・個人を問わず様々な業務分野を取扱う法律事務所、インハウス(オンライン証券会社のコンプライアンス部門)での経験を積み、景品表示法、金融商品取引法、行政当局による検査への対応、債権回収、相続事務の指導などの業務に関与した後、近時は都内法律事務所にて、労働、発信者情報開示、個人情報保護、コーポレートガバナンスといった企業法務分野の案件、さらには、刑事事件(無罪判決の獲得経験あり)、一般民事・家事事件、破産・再生事件(管財事件を含む)等の業務に取り組んで参りました。このほか、文部科学省原子力損害賠償紛争解決センターでの和解仲介業務の経験もございます。

これまでの様々な業務を通じて、強く感じることは、どんな立場の人間であれ、人はみな多くの深い「悩み」を抱えているということです。残念ながら、われわれの社会は平等であるとはいい難いのが現実ですが(昨今の日本や世界の動きを見るとむしろ理想から遠ざかっているとすらいえそうです)、こと「悩み」という点においては、その人の環境(家庭、職場をはじめとする人間関係)、立場(社長、被用者)、年齢等を問わずまったく平等なのかもしれません。こうした人間社会において人が生きていく上で付き合わざるを得ない「悩み」にどのように向き合い、減らしていけばいいのかを一緒に考え、その人・その企業が自分らしく生きていけるお手伝いをしていくことが私の仕事の本質です。

このような大きな視点に立ち、法律業務の分野(民事、商事、家事、刑事等)や個人様・企業様を問わず、持ち前のフットワークの軽さと、徹底したサービス精神で日々努力し続けていく所存です。

(趣味)
 旅行(ポルトガルへは毎年のように訪問。上の写真はロカ岬にて撮影)
 ゴルフ
 トランペット

カミーノ法律事務所

東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン1104

弁護士 三澤 正大

03-5579-8706

ホーム    お問合せ    アクセス    プライバシー・ポリシー    サイトマップ